※この記事は「ロングブーツを履くと足が臭くなるの?」の回答です。

 

女性のロングブーツは非常に臭いです。

 

ですから、ロングブーツを履いている日は、臭いが気になるので、

ブーツを脱がなければいけないようなお座敷などには行きません。

 

女性同士で出掛ける場合は、お互い様という事もあり、

気にしない女性が多いですが、男性と出掛けるとなると、

やはり「臭い」とは思われたくありませんから脱ぐ事はないでしょう。

 

女性の中には、足のニオイを予防するクリームなどを

きちんと塗ってからブーツを履いている人もいますが、

それでもブーツの中は汗で非常に蒸れています。

 

ブーツの素材にもよりますが、合皮の場合は

通気性がどうしても悪くなってしまいますから、

ニオイもきつくなる傾向にあります。

 

最悪なのは、タイツやパンストなどの

通気性の悪い素材の物とロングブーツとの組み合わせです。

 

パンプスなどであれば、1日履いた後に風通しの良い所へ置いておけば、

湿気も取れ、ニオイも解消されますが、

ロングブーツは風通しの良い所へ置いていても、

中に風を通すのは困難ですから、毎日履かなくてもニオイは気になります。

 

ロングブーツのニオイを解消する為には、定期的に洗うのが1番でしょう。

 

最近はロングブーツを洗う為の専用の洗剤が販売されていますから、

そういった物を利用するとニオイは解消されます。

 

男性は、冬場に女性がロングブーツを履いている場合は、

できるだけ脱がなくて良いシチュエーションを作ってあげましょう。