※この記事は「ロングブーツを履くと足が臭くなるの?」の回答です。

 

冬の女性ファッション、足元の定番と言えば、やはりロングブーツですね。

 

防寒の観点からはもちろん、

様々なコーディネートの「シメ」的な存在として、

冬場をロングブーツで過ごす女性は多いものです。

 

ですが、とてもクールだったり、大人フェミニンであったり、

はたまたセクシーであったりするこれらロングブーツの中に、

女性が様々なものを「隠している」可能性もまた、少なくはありません。

 

防寒の点では高い効果を発揮してくれるロングブーツではありますが、

いったん暖房のよく効いた室内に長くいると、

途端に発汗の気持ち悪さを感じる女性がいます。

 

例えばオフィス内、ショッピング中、大学など・・・。

 

まさか、その場で脱ぐ訳にもいきませんので、

大抵の女性は、その気持ち悪さを

ジッと、こらえる事になります。

 

こうして汗を流したままケアされずに長時間放置されれば、

もちろんそれは「蒸れ」となり、肌トラブルや悪臭の原因となります。

 

帰宅後、すぐにブーツの手入れをし(竹炭・消臭剤など)、

自身もお風呂に直行する女性はまだいいのですが、

なかなかそれが出来ない忙しい人もいますね。

 

こういった「発汗 → ムレ放置」が何度か重なると、

華麗な外見のロングブーツは大変臭い

「伏魔殿」のような存在になってしまう事があります。

 

デートしている女性が、なかなかブーツを脱ぎたがらないという場合、

それらを隠している事も大いに有り得ます。

 

もしかしたら、ストッキングの伝線かもしれませんが、

そういった場合は男性や周囲の人間は、深く突っ込まずに

スルーしてあげるのが最適な策と言えましょう。