秋になると、絶対に欲しいのがブーツですよね。

 

スカートでもデニムでも

ブーツを合わせたコーディネートが大好きです。

 

そして、お気に入りのブーツは、

手入れをしながら何年も履きたいものです。

 

私も独身時代に購入したブーツで、

とても気に入っていたロングブーツがありました。

 

2年目の物で、靴屋でヒール部分を直してもらって

自分で磨いて愛用していました。

 

通勤する時も、とても足に馴染んでいたので愛用していました。

 

ある朝、愛用のブーツを履いて仕事に行こうと思った時に

ファスナー部分が少し引っ掛かりました。

 

ちょっとだから、大丈夫かな?と思い、そのまま出社しました。

 

仕事が終わり、愛用のブーツに履き替えて帰ろうとした時の事です。

 

やっぱり、朝と同様にファスナーが引っ掛かると思って、

力任せに上げようとしました。

 

すると、ファスナーが取れてしまいました。

 

一度、取れてしまったら、ファスナーは元に戻りませんよね。

 

パンツだったら、パンツで隠せるのですが、

その日は、よりによってスカートを履いていました。

 

帰宅するにも、電車に乗らなければならないし、

他の履物は無いしと悩みました。

 

近くに靴を売っているようなお店もありません。

 

私がとった解決策は、なんと!

書類を留めるクリップで、ブーツの履き口を留める事でした。

 

大きめのクリップでなんとか留まり、そのまま帰宅しました。

 

立っている分には、あまり目立ちませんが、

階段の時や、かがむと、ファスナーで閉められなかった部分が

パカッと開いてしまい、本当に恥ずかしかったです。

 

今度からは、ファスナーには気を付けてブーツを履こうと思います。