この冬、私が履いているショートブーツは母の品です。

母は一昨年の暮れから寝たきりになり、去年の2月に胃瘻を造りました。

重度の認知症のために意思表示が3年近く前から出来ません。

痛いと顔をしかめるだけ。

話すことも食べることも忘れてしまった母。

そんな様子を見るのは辛いものです。

胃瘻を造って良かったのかどうか迷いました。

昨年の夏、天気の良い日に下駄箱の片付けをしていて母のブーツに目が留まりました。

母が70歳の時に父が誕生日プレゼントとして母に渡した品です。

足が冷えやすい母にと購入したブーツ。

もちろん高齢の女性向けのショートブーツです。

しかし、母は「こんなハイカラな品」と戸惑い、数回しか履きませんでした。

少々踵は擦り減っていますが、新品に近い立派な品です。

幸い私は母と足のサイズが同じ。

試みに履いてみました。ちょうど良い感じです。

私はもうすぐ52歳。

ごく普通の主婦です。

別段ファションセンスがいいわけでもありません。

今さら若いコのようにロングブーツに挑戦してみようという覇気もなく、でもブーツにはときめきを感じます。

やはりお洒落です。

それにつくづくと眺めていると、そのショートブーツには父の愛を感じます。

他界して8年以上経つ父が「お前が履いたらどうだ。その方があれも喜ぶだろう。」と言ってくれている気がしました。

十分に風に当て、去年の12月に初めて履いてみました。

初雪が待った寒い日です。

尿路感染で入院した母を見舞いに行くために履きました。

固く目を閉じた母に心の中で「お母さん、このブーツ履かせてもらってるよ。温かいね。」と話しかけました。