私は人生で一度だけブーツを買ったことがあるのですが、そのブーツのサイズが自分の足に合っていなくて、履いて出かけた時に違和感を感じて落ち着かなかったことがあります。

どう落ち着かなかったのかというと、ブーツの中で足がカパカパと浮いてしまっていたのです。

サイズが大きすぎたせいでしっかりと足が収まっておらず、ブーツの中で足が遊んでいました。

しっかりと試着したつもりだったけど、実際に買って履いてみたら全く合っておらず、変な歩き方になってしまうこととなりました。

靴の底に市販のシートを入れてみましたが、それでもしっくりこなくて、結局一度履いただけで靴箱の中に眠ることに。

それ以来ブーツは買ってなくて、欲しいと思ってもその記憶がよみがえってやめてしまいます。

でも、私はもともとスニーカー派だから特にブーツでなくちゃ駄目ということではないのです。

それをわかっていてブーツを買うなんて無謀でした。

でもいい経験になったし、ブーツの履き心地もわかったから良しとします。

正直言って冬はブーツがないとちょっと寒いですが、また気が変わったり友人に勧められたりしたら買いたいですね。

その時は絶対に一度店頭で履いてみて歩いて、そしてサイズが合っているかどうか入念にチェックしたいと思ってます。

大きすぎてもだめ、小さすぎてもだめということで、サイズだけはしっかりと測ろうと思います。

私も一応女性なので、やっぱりブーツの一本や二本は持っていた方がいいですよね。