彼と付き合って初めてのデートでロングブーツを履いて行きたいと思い、靴屋で購入しました。

ロングブーツに憧れていたということもあります。

初めてのロングブーツは、黒の本革の一万円以内のものです。

今まで履いたことがなかったので、履いた自分の姿が鏡に映った時、なんだか大人になったような気がして少し嬉しかったです。

これにスカートを合わせて可愛い感じのファッションに仕上げました。

そして、デート当日になりました。

その日は映画を見に行きました。

その後、彼の買い物に付き合うため、ショッピングモールであちこち見て回ることになりました。

ですが、それが悲劇の始まりでした。

最初はよかったのですが、徐々に足が痛くなり、むくみもあってブーツの中はパンパンな感じになっていました。

少し高めのヒールの付いたブーツだったので、足が疲れやすかったのかもしれません。

また、初めて履いたことで、慣れていなかったというのもあったのかもしれません。

とにかく、歩くのが苦痛になってきました。

そこで、正直に彼に足が痛いことを伝えたところ、もう帰ろうかということになりました。

せっかくの初デートだったというのに、とても残念な展開になってしまいました。

ロングブーツでバッチリファッションを決めていても、足が痛くなってはダメだなと思いました。

それ以降、デートは、ちゃんと履きなれた靴で行くことにしました。

ロングブーツは、なるべくデート以外で履きなれてから、またデートの時に履いて行くことにしました。