初めてブーツを買ったのは、高校1年生の時でした。

 

私が通っていた学校は、制服が無く、

みんな自由な服装で登校していました。

 

靴も様々で、男子は運動靴が一般的だったのですが、

やはり女の子はお洒落に興味が出てくる時期でもあり、

革靴や普通にハイヒールを履いてくる子も大勢いました。

 

そして、冬になると、ちらほらと、

ブーツを履いてくる子が出てきました。

 

一応、都会の真ん中にある学校ですから、

派手とまではいかなくとも、センスの良い子は何人かいるものです。

 

ただ、それまで、ブーツなんて履いた事の無い私にとっては、

それは一大事でした。

 

僅かばかりのお小遣いから、なんとか洋服代を工面していたのですから、

とてもブーツにまで手が届きません。

 

けれど、やはり自分もお洒落をしたい、恰好良く見られたいのです。

 

ちょうど自我が目覚めて来る頃なので、自分の事以上に、

他人が気になって仕方ありません。

 

それも、内面ではなく、あくまでも外面です。

 

顔は可愛いか、どんな洋服を着ているか、スタイルはどうかとか、

同級生と自分を比べては、一喜一憂する毎日でした。

 

そんな中で、ブーツを履くかどうかというのは、

そのお洒落な一群に自分が入れるか否かという、

私にとっては踏み絵のようなものでした。

 

そして、余分なお金もあるはずのない私が、

最後に泣きついたのは、父でした。

 

普段から気難しく、軽々しく口を利くような事も滅多に無かった父でしたが、

いざという時になると、やはり頼りにしていたのでしょうか?

 

「ブーツが欲しいのだけど・・・」と怖々言ってみました。

 

歩く質素倹約のような父は、「高校生のくせに」などと、

一応小言を言った気はしますが、なぜか一緒に買いに行ってくれました。

 

靴屋に行って、父と選んだのは、赤いスエードの、

くるぶしまでしかない、ぺったんこのブーツでした。

 

私は、茶色とか黒の膝まである大人っぽいものが欲しかったのに、

どうしても素直に言えませんでした。

 

そんなに早く大人になろうとしなくてもいいのに、

どうしてあんなに焦って周りばかり見ていたのか。

 

今の私なら、あの時の私にそう言ってあげたいです。

 

もしかしたら、父もそう思っていたのかも知れません。

 

あの時のブーツは、あんまりお洒落じゃなかったけど、暖かった。

 

それだけは、確かです。