ロングブーツは私の冬の必須アイテムです。

ふくらはぎをスッポリ覆ってくれるので防寒に役立ちますし、脚がスラリと見えます。

私は脚が太いのがコンプレックスなので、冬にブーツは欠かせないアイテムです。

特に、脚を細く見せてくれる黒いブーツを愛用しています。

冬は寒くて苦手ですが、ファッションの幅を広げてくれるロングブーツを取り入れた恰好は大好きなので、寒くなって来ると早くブーツを履きたくてウズウズします。

しかし冬のお役立ちアイテムのロングブーツにも一つだけ欠点があります。

ブーツを履く多くの女性が一度は経験した事があるのではないでしょうか。

足の臭いの問題です。

冬は忘年会等、何かと飲み会の多い季節。

お座敷の席に上がることも多く、ブーツを脱ぐ時は臭っていないかいつもハラハラしてしまします。

家に帰ってから消臭剤をかけたりしてお手入れしているものの、お気に入りのブーツを何日も連続で履いていると、消臭剤の効果より足の臭いが勝ってしまうと言う事もありました。

臭い対策としては、新聞紙を丸めてブーツに入れておき中の湿気を取る、なるべく天日干しをする。

この二つが一番効果的だったように思います。

臭いの問題にドキドキさせられる事は多々ありますが、それでもスタイルを良く見せてくれるロングブーツはこれからもやめられません。

私は冬が終わりかけている時にセールで安くなったブーツを購入して、次の年に履くのが毎年の楽しみです。

冬は寒くて苦手意識がある季節ですが、ロングブーツの存在が少し気持ちを明るくしてくれるように思います。