ロングブーツは内部の空気の入れ替えが難しいので、ずっと履いていると蒸れて臭くなってきます。

また足先部分が非常に高温になる為、汗がたくさん出てその汗がブーツに染み込み非常に不快です。

そんな時にナイロン素材のタイツなんかを履いてしまうと汗の吸収性が悪いのでどんどん汗が中敷きに染み込んでいってしまいます。

綿の靴下を履いて汗を吸収させるようにしましょう。

念の為、もう一足分持ち歩いていると汗で濡れても交換出来て安心です。

また、足先が高温になるのを防ぐために人目を盗んで一瞬でもブーツを脱ぎ溜まった空気を換気するのも良いです。

蒸れから解放されるので汗も引きスッキリしますしジッパータイプのブーツなど非常に便利です。

つま先部分も忘れずしっかり換気しましょう。

冬になるとブーツは必須になってくるので毎日でも履く機会がありますが、同じブーツを毎日履くのは禁物です。

ブーツは渇きが悪いので外に2、3日は干し、しっかり乾かした後また履くようにしないとカビが繁殖し匂いはもちろん衛生的にも良くないです。

足が臭くなる原因にもなるので天日干しをし完全に乾かすようにしましょう。

時間が無い時はドライヤーも効果的。

安いブーツは吸水性が低く汗が染み込みやすい為匂い出てくるのが速いですが、ブーツを乾かす日にちを稼ぐためにも一本安いものを買いローテーションすると効率的。

安いブーツもきちんとケアしていればそこそこ持ちます。

消臭スプレーや防湿剤を駆使する事でも雑菌繁殖を防げるのでプラスαで是非試してみる事をオススメします。