ロングブーツといえば、毎年冬ファッションの定番ですよね。

私が初めて履いたロングブーツは、実は母からのお下がりでした。

サイズは22センチくらいだったので少し小さかったのですが、当時まだお金がなくてブーツが買えず、でも流行っていたのでどうしてもはきたかったのです。

ロングブーツといっても、その年によって流行るタイプはいろいろですよね。

定番なのは普通の革のブーツでしょうか。

これならさほど流行に関係なく履けるのかもしれません。

ストレッチブーツやベロアっぽいブーツ、エンジニアブーツやフリンジの付いたもの。

クシュクシュのものなど、もう次の年にはちょっと流行おくれかな?と思うようなものもありました。

特に、どこにいっちゃったの?と思うのは白いブーツと厚底ブーツでしょうかね。

私も履いていました。

どちらも某アーティストさんに憧れる「○○ラー」さんたちがよく身に着けていたものです。

今の時代にあれを履いたらかなりの流行遅れですが、また流行る時が来るのかもしれません。

最近ではやはり、あまり流行を追うと一年しかはけないなんてことも出てくるので、低位版物を履くようにしています。

エンジニアブーツなどはカジュアルな服装にも合うので、一つあると重宝するかもしれません。

あとはシンプルな黒やブラウンの革のブーツも定番ですね。

私が毎年履いているのは、実は携帯用に折りたためるスエード調のブーツです。

折り畳みなのでヒールは低いですが、カジュアルにもフェミニンにも合うデザインで重宝していますし、歩きやすいです。