ブーツは一般的には、温度が22度になったらパンプスに履き替えと言われています。

ロングブーツは、3月上旬頃まで、ショーブーツは5月一杯までが一般的です。

暖かいムートンブーツは、暑くなると無理なので、やはり冬のみ。

人気のフリンジブーツは、 軽やかな雰囲気なので春が訪れても履くケースが多く、4月下旬~5月上旬。

大体、その辺りから春ブーツに切り替わります。

この春ブーツというのは、淡いベージュとかキャメルなどの色合いとなります。

白や白レース柄のなどの春ブーツも見られます。

白は汚れっぽいと躊躇していた人には、選択可なので嬉しいブーツですね。

ちなみに、ロングよりも長いニーハイブーツに関しては、ミニスカートやショートパンツに合わせることが多いので、春過ぎてもOKでしょう。

<縦長シルエットを作れるニーハイブーツは春過ぎても素敵>

昨年はニーハイブーツが大活躍しました。

というのも、縦長シルエットを作ってくれるので、スタイルアップしてくれるのが人気の元のようです。

特にミニスカートとの相性がよく、またスキニーパンツとあわせたコーディネイトも人気でした。

一般的には、こんな長い丈のブーツは、さすが3月一杯だろうと思いますが、実は、このニーハイブーツは、ミニ丈との相性が抜群なので、春らしい明るめの色の軽やかな素材のミニワンピースと組み合わせても、とてもファッショナブルです。

例えば、春にデニムワンピースにニーハイブーツを合わせたり、黒のニーハイブーツとトレンチコートというのもスタイリッシュです。

2015年春夏のコレクションでは、ショートパンツに、さりげなくブーツという組み合わせもありました。

2015年のトレンドカラーは「マルサラ」。

少し茶色がはいったワイン色ですが、このカラーを挿し色として使ってみてはどうでしょう。

パステルカラーのミニのワンピースに「マルサラ」色の太いベルトで締めても粋な感じです。

「マルサラ」色のネックレスを首に何重も巻いてボリュームをつけたり、また、スカーフ使いにトレンドカラーを使ってみましょう。

あくまで、ニーハイブーツとの組み合わせです。これで、帽子を加えれば、もう1ランク上のオシャレなコーディネートとなるでしょう。

結論からいえば、ロングブーツは3月一杯まで、ショートブーツは5月一杯までが一般的。

ニーハイブーツは、縦長シルエットが作れるので、春すぎてもファッションにも応用可能ということです。

つまるところいつブーツからパンプスに切り替えるかは、それぞれの趣味や好みで決めればいいようです。

自分の生活単位に合わせて選択できる。

そんな自由感でブーツも履きましょう。